文字サイズ変更

特別展

「茶の湯への誘い」

2019年10月1日(火) ~ 12月1日(日)

「茶の湯は常の事なり」といわれます。千利休居士が大成し、歴代家元によって受け継がれてきた茶の湯は、日常生活のさまざまな要素をとり入れ、わびのこころを大切に守りながら、洗練されてきた日本の伝統文化です。
このたびの特別展は、利休居士によって新たなわび茶の道具が見出された背景と歴史を訪ねます。そして茶の湯の正式なもてなしである茶事のなかで、実際にそれらの道具がどのように用いられ、そこにどのようなこころが込められているのかを初心の方にも分かりやすく紹介します。
茶の湯に込められたもてなしのこころ、茶の湯が私たちの生活と身近なものであることをご理解いただくための、茶の湯入門ともいうべき特別展です。
また特別展期間中には、はじめて茶の湯にふれる方のための「茶の湯体験」や「茶の湯文化にふれる市民講座」も予定しています。詳細が決まりましたらHPにてお知らせいたします。
同門会員、社中の皆様におかれましては、今回の特別展の主旨をご理解いただき、これまで茶の湯にふれたことのない方々とお誘いあわせのうえ、ぜひご来館くださいませ。

会期2019年10月1日(火) ~ 12月1日(日)
開館時間午前9時30分~午後4時30分 ※入館は午後4時まで
毎週金曜日、および10月6日(日)、10月12日(土)、11月17日(日)は、午後6時まで開館(入館は午後5時30分まで)
休館日月曜日および10月15日、11月5日
※10月14日、10月28日、11月4日、11月25日は開館いたします。
入館料
表千家同門会員 一般 大学・高校生 中学生以下
800円 1000円
(800円)
800円
(600円)
無料
※入館料には呈茶を含みます
※表千家同門会員の方は会員証をご提示ください
※20名以上の団体は( )内の割引料金になります
主催 表千家北山会館、京都新聞
後援京都府、京都市、京都府教育委員会、京都市教育委員会、京都市内博物館施設連絡協議会

茶の湯文化にふれる市民講座

このページの先頭へ